×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Lightz

-SHINICHI YOSHIMOTO PHOTO WORKS-

  • Non Lights RF Friends exhibition Vol.10

第十回 ノンライツRF友の会写真展「吾唯知足」

2016-05
2016年5月3日(火)~5月8日(日)

我々の写真展も十回を数えましたが、最初期はレンズやカメラに対しての考察が主題でした。それが回を重ねるごとに写真の表現方法にも考えが及びました。写真は自己の記録、記憶ではあるのですが写真展はそれを「どう見せるか」という昇華が必要である、と。その昇華した形を是非御覧頂ければと思います。今回の使用レンズはボシュロムのシネマ用レンズ・バルターやコンゴーのラインセンサー用レンズ、ライツのトリエルマーやズミルックスなど。

View details ≫

  • NGP independants exhibition Vol.9

第9回 NGP アンデパンダン展

2016-05
2016年5月10日(火)~5月15日(日)

本展においては、人と人の不思議な縁に導かれて集まったアーティストたちが、自由・平等の創作発表の場で、各々が独立したアーティストとしてテーマを決め、制作した作品を展示します。また、作家同士、作家とギャラリスト、作家とファンなど、会期中の作品およびポートフォリオレビューなどのトークイベント、音楽ライブ、レセプションパーティーを通じて人と人が出会うイベントを毎回提供し、出展作家の活動の新たな展開をサポートしています。

2016年も多種多様な60名を超えるアーティストによる個性豊かな作品群を、是非会場で御覧ください。

View details ≫

  • NGP independants exhibition Vol.7

第7回 NGP アンデパンダン展

2015-02
2015年2月3日(火)~2月8日(日)

38名の実力派作家たちが腕によりをかけた作品群が醸しだす、自由かつ独特な展示空間を体験してください。是非、会場に見に来てください!

View details ≫

  • NGP independants exhibition Vol.6

第6回 NGP アンデパンダン展

2014-07
2014年7月29日(火)~8月3日(日)

第6回目となる今回は、これまでにも参加している常連達に加え、13人の優れたアーティストが初参加。会場キャパシティギリギリとなる、過去最高40名の作家たちが集結します。アンデパンダン の精神を宿した40名のアーティストによる個性豊かな作品群を、是非会場で御覧ください。

View details ≫

  • NGP independants exhibition Vol.5

第5回 NGP アンデパンダン展

2014-02
2014年2月4日(火)~2月9日(日)

人と人の不思議な縁に導かれて集まった37名のアーティストによる個性豊かな作品展です。出展者(表現者)が各々「独立」したアーティストとして、自由に自らの作品で表現します。

View details ≫

  • NGP independants exhibition Vol.4

第4回 NGP アンデパンダン展

2013-07
2013年7月30日(火)~8月4日(日)

人と人の不思議な縁に導かれて集まった32名のアーティストによる、バラエティに富んだ作品展です。第4回となる今回は、過去3回の開催で形成された「NGPアンデパンダン展ファミリー」から参加の常連作家達に加え、新たに7名の作家の参加を得て、更に豊かな感性と様々な個性が集結するグループ展になりました。

View details ≫

  • NGP independants exhibition Vol.3

第3回 NGP アンデパンダン展

2013-01
2013年1月29日(火)~2月3日(日)

人と人の不思議な縁に導かれて集まった32名のアーティストによる、バラエティに富んだ作品展です。第3回展は、豊かな感性と様々な個性が集結するグループ展になりました。

View details ≫

  • DESIGN FESTA Vol.36

デザイン・フェスタ Vol.36

2012-11
2012年11月10日(土)~11月11日(日)

「無機物に対するフェティシズム」と「虚飾の無い、ありのままの人の営み」を軸とした写真作品がメインです。

その他、カメラモチーフの小物類や創作系イラストも制作しています。

View details ≫

  • NGP independants exhibition Vol.2

第2回 NGP アンデパンダン展

2012-08
2012年8月11日(土)~8月17日(日)月曜定休

第1回目よりバージョンアップして写真・絵画・イラストなどを手がける様々な個性を持った25名のアーティストが集結!

View details ≫

  • CD Jacket Exhibition

CDジャケット展 action Vol.9

2012-03
2012年3月5日(月)~3月11日(日)水曜定休

みどころ

「音楽が聞きたくなるCDジャケット」がテーマの公募展を開催します。

紙ジャケやCD用プラスチックケースという限られたスペースの中で、音楽が聞きたくなる作品を目指します。

会期中は一般投票による人気投票を開催。

お気に入りの作品に投票ください。

View details ≫

  • Pseudo

Pseudo

2012-02

「Pseudo」とは、「偽り」を意味する言葉。

人の形に作られ、人に見られるためにショーウィンドウに佇むマネキンたち。

「なぜ、人の姿に見えるのか。」

「なぜ、美しさを感じるのか。」

「なぜ、時には不気味なのか?」

銀座を始めとした都内各所のショーウィンドウを、夜間を中心に撮影。

View details ≫

  • MOON PHASE

MOON PHASE -アザヤカな夜-

2011-09

浮島は石油コンビナートの建立を目的として作られた人工の島。
島内には学校も無く、定住している人は数名に留まる。

しかし、工場はまばゆい照明に包まれ、夜も眠る事無く働き続けている。

静かに、力強く、いつまでも。

View details ≫

  • Nights into haze.

"Nights" into haze.

2010-09

お台場は、1854年にペリー艦隊から江戸を防衛するために建設された砲台の名残だ。

当時8つの台場が建設されたが、その後の再開発で埋立地に飲み込まれ、現在残っているのは無人島と化した第六台場と、史跡公園としてお馴染みの第三台場の二つだけになっている。

2010年7月31日。

台場が砲台としての役目を終えてから150年余。

霞んだ空を燃え上がるように照らすイルミネーションに包まれ、陸には要塞のような商業施設群、品川方面には全高80メートルに達するキリンのような ガントリークレーン、そして海側は長さ798メートルの恐竜の背を彷彿とさせるレ インボーブリッジに囲まれて、台場は静かに海へ浮かんでいた。

View details ≫
  • クラシックカメラ少女展トークショー
Recture

クラシックカメラ少女展トークショー

2015-4
2015年4月4日(土)

"日本カメラ博物館は、来る2015年4月4日(土)に、2015年2月3日から4月19日まで開催の特別展「~カメラとイラストのコラボレーション~ クラシックカメラ少女展」にイラスト作品を出展したイラストレーターをお招きし、トークショーを開催いたします。"

View details ≫


  • クラシックカメラ少女展

クラシックカメラ少女展

2015-2
2015年2月3日(火)〜2015年4月19日(日)

日本カメラ博物館(館長 森山眞弓)では、2015年2月3日(火)から4月19日(日)まで、特別展「~カメラとイラストのコラボレーション~ クラシックカメラ少女展」を開催します。

今回の展示では、作品集『クラシックカメラ少女』とコラボレーションし、『クラシックカメラ少女』のなかで使用されたイラスト約40点を、大型パネルで展示するとともに、イラストのなかの少女が持つ実際のカメラと交換レンズやアクセサリーなどを展示し、詳細な解説文とともに紹介いたします。

View details ≫

  • クラシックカメラ少女+1 サンプル

クラシックカメラ少女+1

2012-11

クラシックカメラ×少女の組み合わせで織りなす、クラシックカメラの入門書。

前作に引き続き、Konica IIIAのイラストを担当させて頂きました。

View details ≫

  • ALICE

ALICE'S ADVENTURES IN WONDERLAND

2012-01

アクチュアル・プルーフ下北沢にて開催の公募展
「不思議の国のアリス・表紙展 action Vol.7」
へ寄せた書き下ろしイラスト。

  • Classic Camera Girl

クラシックカメラ少女 -コニカIIIA-

2011-12

suntrap notes.発行の画集
「『クラシックカメラ少女』- Classic Camera Girl -」
に収録。

お題となったクラシックカメラは「コニカIIIA」という機種。

ヨシモトシンイチ


主に夜景、街頭、日常生活を被写体とし、フィルムとデジタルを織り交ぜて写真を撮っています。
主な活動
2000年頃より独学で写真を撮り始め、2009年にworkshop 2Bを修了
2010年 9月、渋谷ギャラリールデコにてグループ写真展"holic"に出展
2011年 9月、下北駅前ギャラリーにて写真とイラストの二人展"MOON PHASE"に出展
2011年11月、デザイン・フェスタ vol.34にグループ"Earl GREY"として出展
2011年12月10日より、デザイン・フェスタ・ギャラリーにグループ「side by side」として毎月第2土曜日に出展
2011年12月、suntrap notes.発行の画集"『クラシックカメラ少女』- Classic Camera Girl-"に寄稿
2012年 1月、下北駅前ギャラリーにて公募展"不思議の国のアリス・表紙展 action Vol.7"に出展
2012年 2月、下北駅前ギャラリーにて個展"Pseudo"を開催
2012年 5月、デザイン・フェスタ vol.35にグループ"side by side"として出展
2012年 8月、第2回 NGP アンデパンダン展に出展
2012年11月、デザイン・フェスタ vol.36に出展
2012年11月、株式会社マックス発行の画集"クラシックカメラ少女+1"に寄稿
2013年 1月、第3回 NGP アンデパンダン展に出展
2013年 8月、第4回 NGP アンデパンダン展に出展
2014年 2月、第5回 NGP アンデパンダン展に出展
2014年 7月、第6回 NGP アンデパンダン展に出展
2015年 2月、第7回 NGP アンデパンダン展に出展
2015年 2月、JCII 日本カメラ博物館で開催の特別展"クラシックカメラ少女展"に出展
2015年 4月、JCII 日本カメラ博物館にて"クラシックカメラ少女展トークショー"に出演

主な機材
ライカ M9-P
ライカ Mモノクローム
 

© YOSHIMOTO SHINICHI 2015